本文へスキップ

 第23回共生共走5時間リレーマラソン だれもがともに連絡会

共生共走(きょうせいきょうそう)マラソンとはmedical info

代表あいさつ 鈴木敬治 2019.7.31

今年23回目となる「共生共走リレーマラソン」は、私たち「だれもがともに連絡会」が中心となり、毎年秋に東京南部地域で行っているイベントです。このイベントは、子どもから大人まで、障害の有無や国籍など一切関係なく誰でも参加できます。ルールは一つだけ。5時間の間チームのだれか一人がコース上にいることです。
先日、生産性で人の価値がはかられる社会になっているんじゃないかという話を聞いた。私もその通りになってきていると思う。けれども、本来はそうじゃないと思う。できない人もできる人も本当に安心して暮らせる社会でなければいけないと思う。社会全体が変わんなくちゃいけない。
だから私たちは、この夏のプレイベントで「ご近所deだれもがともに防災活動 いのちと防災を考えるゆめ風中学生プロジェクト」と題して、DVDの上映会とパネルディスカッションを行います。DVDには、大阪の地域の障害者と地元の中学生が交流しながら、防災訓練を実施した様子を記録しています。それぞれ助け合ってとてもいいです。
これを見ながら、多くの人と話をしたいと思います。是非ご参加下さい。ともに生きる社会をこのイベントで考えていきましょう! さあ、共生社会へ向けての第一歩、共にがんばって世界を変えていきましょう!

ナビゲーション